スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ARSENAL vs OLYMPIACOS
ロシツキ

ロシツキ先発、いよいよフィットしてきた感がある小皇帝、怪我からアルシャビンも
帰ってきた。この2人が同じピッチにたつのは初めてだ。楽しみすぎて、いわゆる・・・
が止まらない。今季初めて右サイドに入ったロシツキ、№23と同サイドでみたかった
が、いたしかたない。試合開始の笛とともに波状攻撃を仕掛けるアーセナル。
アルシャビン、セスク、ロシツキ、ヴァンペルシの4人が異次元の連携で襲い掛かる。
ディアビは前線で全くこの4人についていけない、一つ一つのプレーがワンテンポ遅い
のが如実に見てとれた。たまにクリシーが絡む程度で、ほぼ4人で攻め続けたガナーズ。
前半アーセナルはシュート13本うち枠内は7本。対するオリンピアコスはわずかに
シュート2本だった。言うまでもなく前半はギリシャ王者GK「ニコポリディス」
の前半だった。セスクのシュートがバーを叩く不運もあり0-0で折り返す。
今季まだおとなしい印象を拭えないアルシャビンにキレが戻ってきたのは嬉しい限りだ。
守備では今シーズン完全にレギュラーに定着し好調を維持するソングがつなぎと潰し
に徹しオリンピアコスに何もさせない。
後半が始まっても押し続けるガナーズだがなかなかゴールラインを割れず、徐々に
嫌な空気が流れ始める。しかし2人の交代で一気に勝負を決した。
立て続けにエドアルド、カルロス・ベラを投入。
するとまずは77分セスク→エドアルド→RVPとつなぎ待望の先制点、
押し続けるアーセナルは85分にもオフサイド気味ではあったが右サイドのセスク
からのグラウンダーのクロスにアルシャビンがヒールで合わせて2-0で試合を終えた。
これで勝ち点6としてグループ首位。
早々に突破を決めて、うまくシーズンを戦っていきたいところだ。
明日は我らがMAKOTOHASEBE がプレミア王者に挑戦するという
非常に楽しみな一戦がある。そういえばこないだスポルトで言ってたが朋子さんは
夏休み中だとか?まことに会いにドイツまで行ってるんだろう。
朋子が見守るこの試合、ぜひ長谷部の活躍に期待したい。
なんか今までの記事の改行がおかしいですね、気を付けます。では。
スポンサーサイト
2009-09-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MAN C vs W HAM
city.jpg

Kickoffの笛と同時に怒涛の攻撃を展開したシティ、わずか5分でペトロフのクロスをテベスが無人のゴールに流し込み先制。ユナイテッド時代もそうだったが、古巣ウエストハム相手のゴール時は西公ファンに対して謝るテベス、手を合わせた後右手を挙げるだけで決して派手なガッツポーズ等はみせない。実況も思わず、アデバヨルとは大違いですねとこぼしていた。できた男である。10分間の間にテベスはハットトリックのチャンスがあったが共に枠外に飛ばしてしまう。シティの勢いは長くは続かず、西公が押し返し始める。徐々に前線のC・コールにボールが収まりはじめ、20分過ぎに待望の同点弾が生まれる。左サイドで得たFKのクリアボールを味方が直接叩いたシュートをゴール前にいたC・コールがヒールで流し込んだ。1-1。
しかしそこからまたもやシティが素晴らしいフットボールを展開し西公を自陣に釘付けする。とにかく前線のテベス、ベラミーがキレキレ、右に左に流動的に動き回りかき回しまくり次々とウエストハムゴールを襲う。ファウルでしか食い止められない状況に陥った西公、31分にそのファウルで与えたFKをペトロフに直接決められ逆転を許す。2-1。そこから前半終了までウエストハム陣内でのプレーが続いた。しかし前半終了間際、見事なカウンターからC・コールのラストパスをパーカーが押し込みネットを揺らす!!!!!!!!!!!が、パスを出す前にレスコットと少しもつれていたC・コール、完全にアンラッキーとしか言い様がないが、何故かそれがファウルの判定でゴールはならずに前半を終えた。
おいおいおい、私の好きなプレーヤーの一人であるS・パーカー(元チェルシー)のゴールだっただけにそう唸ってしまった。そういえばC・コールも元チェルシーだ。当然監督のゾラも。
ここまで白熱したなかなか面白い試合。
後半が始まっても流れは変わらない、ペトロフ、SWPの両サイドを基点に、前線の二人、そしてバリー、ウェイン・ブリッジが次々にボールに絡みWハムゴールに襲い掛かる。60分、ベラミーのFKをテベスが頭であわせ3-1。万事休すか。偵察に来ていた次節シティと対戦するヴィラのオニール監督の顔もだんだんと青ざめてくる。本物か・・・ディフェンスラインでは新スキッパー、コロ・トゥーレが鬼の存在感で西公のカウンターをことごとくシャットアウト。しかし、西公前線で孤軍奮闘するディアマンティ?勝気でいい選手だ。残り10分となったところでスタジアムが沸き上がる、SWPに変わって入ったのはようやく怪我から復帰した、点取屋ロケ・サンタクルス。改めてみると凄まじいメンバーを揃えている。それにしてもシティは何本のシュートを放ったのだろうか?7~8点入っててもおかしくない
ような試合だった。試合終了後テベスと抱擁を交わす背番号14サンタクルス、あまりのかっこよさにユニフォームが欲しくなった。よく見るとこの水色、かなりお洒落。でも私には確実に似合わないのも確かだ。
これで今季は5勝1敗、もはや強豪と呼んで差し支えないチームなのは間違いない。
2009-09-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

FULHAM vs ARSENAL
GetAttachment[1]

0-1
クラヴェンコテージに乗り込んだアーセナルがRVPの虎の子の1点をなんとか守りきった。アシストをしたセスクのパス、RVPのワンタッチからのフィニッシュ、共に素晴らしかったが攻撃での見せ場はほぼここだけだった。Man of the matchは文句なしのイタリア人GKマンノーネフルハムは17本シュートを放ち、枠内は11本(アーセナルは枠内4本)このデータからみてもわかる通り、マンノーネ大当たりの試合だった。前半から神がかり的なファインセーブを連発しチームを救った。そにしてもアーセナはよくなかった。前線の3人と中盤の3人が完全に分断していて特有の2列目3列目が飛び込んでくる様なシーンは皆無。いい加減ディアビとセスクを並べるのはやめたらどうなのか。この2人の効果的なパス交換等はこの試合も全く見られず、相変わらずの相性の悪さを露呈した。ディフェンスに関しても、どこでボールを取りにいくのか、どこまでラインを押し上げるのか等が全く定まっておらず(チームとしてディフェンスの意思疎通ができていない)、バラバラで、なんとか(この試合はマンノネに助けられた)対応していた格好だ。ただやはり後半途中、ロシツキが入ってからはパスが回るようになってはいた。ヴェンゲルは今季この№7を相当大事に使っている印象だ。それだけの価値がある。怪我からアルシャビンも帰ってきた。そういう意味では未来は決して暗いものではないと言っておこう。
この勝ち点3は大きい。
2009-09-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GENOA vs JUVENTUS
juve.jpg

思えば、当時セリエ最強を誇っていたユーヴェも‘‘あの事件’’をきっかけにズラタン、ヴィエラをインテルに、バロンドールカンナヴァーロをレアルにかっさらわれて以来、完全にインテルの独走を許している。だが今季はチャンス、そう思っているフットボールファンの方は少なくないのではないだろうか?夏にヂエゴ、フェリペ・メロ、カンナヴァロの3人を補強。これは首脳陣がはっきりとタイトルへの意欲を示したと言ってもいいだろう。対するジェノアはミリートをインテルに強奪された代わりにアルヘンの先輩クレスポを得た。いや、ジェノアといえばカズ、三浦カズだ。
試合は開始6分左サイドからマルキ塩が出したグラウンダーのクロスに走りこんだ鴨さんがスルー、さらにその奥に走りこんでいたイヤクインタが右足で逆サイドに叩き込み先制。その後も自力に勝JUVEが押し込むという展開になる。ジェノアは珍しい3-4-3というフォーメーションをとっている。一応押し込みはするユーヴェだが前線のアマウリがボールをキープはするもののそこからの流動的な連携、展開というものが皆無で、結局は強引にシュートにいきボールはGKの腕の中という展開が続く。しかし30分、最近絶好調のメストにクロスを頭で叩き込まれ1-1。ジジは一歩も動けなかった。今季ユーヴェが流れから失点したのは初めて見たような気がする。後半に入りジェノアは予定通り今日も1点お願いしますとクレスポを投入。75分、右サイドで再三ボールに絡んでいたメストがニアに上げた鋭いクロスにクレスポが飛び込み頭で見事なゴールを突き刺し逆転に成功。焦ったユーヴェはジョビンコ、トレゼゲと立て続けに投入した。そこから怒涛の攻撃を開始したユヴェントス、グロッソのFKをイヤクインタが頭で決めるがジェノアのオフサイドトラップにかかりノーゴール。今度は縦に入ったボールをトレゼゲが落とし、それをキエッリーニが態勢を崩しながら左足でなんとか押し込み同点、かと思われたがトレゼゲがオフサイド。最後は先ほどと同じような位置からのグロッソのFKを、今度はなんとかオフサイドトラップをかいくぐり、キエッリーニが頭で流しトレゼゲが頭で押し込み同点。しかし反撃もここまでで2-2のドロー。これで首位インテルと勝ち点13で並んだユーヴェ。やはりジエゴがいないと中々攻撃の組み立てがうまくいかないユーヴェだが、彼が帰ってきさえすれば、インテルとも対等に渡り合えるんではないだろうか。
2009-09-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【ヴィジャレアル vs R・マドリー】
ロナウド

今日はエスパニョールの試合を見るつもりだったがNAKAMURAが出場していないというショッキングな出来事に襲われた私はすぐさまこの試合に切り替えた。今季リーガの試合を見るのは初である。今の所リーガ今季一番の試合はやはりバルセロナ5-2アトレチコの試合ではないだろうか。バルセロナが前半で4点獲った試合だ。開始2分、左サイドに出た長いスルーパスに抜け出したイブラヒモヴィッチが走りながら右足でチョコンと浮かす美しいゴールで先制、そのゴールを皮切りにメッシ(シャビの完璧な浮球スルーパスを胸トラ→左足)、アウベス(弾丸FK)、ケイタ(ズラの浮球スルーパス→メッシまたもエリア内の狭い所で胸でコントロールし縦に抜け折り返し→ケイタ合わせるだけ)4-0。後半、アグエロの見事な飛び出しからのループとフォルランのエリア外からの左足で2点返されるが最後はまたも見事な連携からメッシ珍しく右足で5点目という強烈にバルセロナ最強を印象付けた試合だ。このチームにノウ・カンプで勝てるチームなんてあるのだろうか?そんなバルセロナの新エース、‘ズラたん’はここまで4戦連発の4得点で新規加入選手のバルセロナ連続ゴール記録を更新中、一方CR9も負けじと3戦連発の4得点とまったく譲らない状況で迎えたアウェイヴィジャレアル戦。ちなみにCR9もレアルマドリーの新規加入選手連続ゴール記録がかかっていた。
開始2分そのCR9があっさりと先制。左サイドでボールをもらうとDFを一人交わし中に切り込みエリアちょい外から右足でニアに見事なシュートを叩き込んだ。しかしその後は特筆すべき事は特にない少しがっかりな試合だった。というのも前半のうちにヴィジャレアルDFゴンサロがイエローカード2枚で退場してしまい、攻撃は左サイドのサンティ・カソルラが一人気を吐くがやはり一人ではどうにもならないという状況に陥り、後半には○セロのクロスをDFが手に当てPKを献上、これをKAKAがきっちり決めて2-0で終了という味気ない試合になったからだ。マドリーはマドリーで10人の相手をろくに崩せず、チームとしての完成度の低さを露呈した。今の所完全にKAKA、CR9頼みのサッカーに終始しているレアル・マドリー、クラシコは11月の最終週だ、それまでにはしっかりと守備、攻撃のコンセプトを浸透させ形にしていかなければあっさりと沈められてもおかしくはない。一応勝ち続けているぺジェグリーニだが内容が内容なので全く不安で信用できない。300億も使っておいて優勝できないなんてのは許されないのだ。新銀河系軍団と言われる程選手は揃っている。層もとんでもなく厚い。
レアルに比べるとバルセロナは圧倒的に層が薄い。付け入る隙は十分にある。優勝するにはバルセロナを叩かなければいけないのは明白だ。是が非でも引き摺り下ろしてもらいたいものだ。期待している。NAKAMURA途中出場でアシストしたみいですね、徐々にフィットしてきているんでしょうか。

『おまけ』
この試合の後ちら見した試合でヴィジャが見事なゴールを決めていた。これでメッシ・CR9・ビジャが5ゴールで並んだ。今年のバロンドールはメッシに持っていかれるのはロナウドも分かっているだろう、それだけに今シーズン、意地でもゴール数でメッシを上回りたい。すぐ下にはズラタンが4ゴールでつけている。まだまだ他にL.ファビアーノ、ディエゴ・フォルランといった選手もいる。シーズンはまだ始まったばかりだがピチチ争いが楽しみだ。
2009-09-24 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今日はもちろんグループH

Standard vs Arsenal
GetAttachment.jpg

ロシツキ先発!!
しかしいきなり全世界に衝撃が走る。開始1分、相手CKのクリアボールをエドゥアルドがお粗末な
パスミス、これをかっさらわれそのままマンガーラに左足で叩き込まれる。
直後、勢いそのままにとホームの大声援を背にヨバノビッチがエブエからボールをかっさらうと
そのまま一人で持ち込みエリア内に進入したとたん決死のダイブを敢行する。誰がどう見ても
ダイブというとんでもない大根役者だったが、ゴンサレス主審だけは眉毛が太すぎて見えて
いなかったようだ。ペナルティー。ヨバノビッチ、落ち着いて自ら左足で流し込み
2-0
開始4分での出来事だ。

歓喜のモーリス・ドゥフラスヌ_リエージュ。しかしここからやはり定石通りかドン引きが始まる。
圧倒的にボールを持つが崩しきれないアーセナル。時間だけが過ぎていくなか
背番号7だけは輝きを放っていた。しかし前半終了間際、それまで精彩を欠いていたディアビ
がDFを背負いながらボールを受けると見事なタ~ンで置き去り。前を向いたディアビが
スペースに出したスルーパスに走り込んだのはベントナー!!
右足を振りぬくと強烈なグラウンダーのシュートがGKの股を抜けネットを揺らす。
2-1  YES!!

後半はうとうとしてしまった私だが、77分セスクのFKから審判が帳尻合わせなのか
オフサイド&ハンドを見逃しどさくさの中最後はヴェルマーレンが押し込みラッキーな形で
同点。ベルギーに錦を飾る。ちなみにリエージュはオランダ、ドイツの国境に近い。
ヴェルマーレンの故郷は完全にオランダサイドだ、最初っからエールディビジでプレーしてたのも
うなずける。

大ブーイングに包まれるモーリス・ドゥフラスヌ_リエージュ

80分、今度はセスクのCKをエドゥアルド、ゴール前でダイレクトで膝で合わせ
2-3!!

最後は超期待の新星ジャック・ウィルシャーを投入するなどなんとか押し切ったアーセナル。
これでプレミア勢は4チーム全て一点差勝ちとなった。
初戦という事を考えると、各チームいいスタートを切ったと言えるのではないだろうか・・・

☆リバプール1-0デブレツェニ
ジェラードのスーパーボレー、ベナユン5人抜き等見所満載の様でした
しかしきっちり詰めていたカイトさん、さすがです。
☆リヨン1-0フィオ
リヨンとしてはこのグループで生き残る為の大きな一勝といえるんではないでしょうか。
☆インテル0-0バルセロナ
バルセロナ、ポゼッション66%はさすがです。
☆ディナモ・キエフ3-1ルビンカザン
シェフチェンコはシュート3。是がひでもEL枠は死守して下さい。
☆シュツットガルト1-1レンジャーズ
レーマン、フレブ。どうだったんでしょう。
☆セビージャ2-0ウニレア
しかしルイス・ファビアーノの決定力の高さは現役セレソンのスタメンだけありますね。
☆オリンピアコス1-0AZ
アーセナルも気が抜けません。
2009-09-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

祝!!CL開幕

いよいよこの季節がやってまいりました。欧州クラブ№1決定戦「UEFA Champions League」
開幕という事もあり、雨の中友人宅へ
チョイスしたのは当然グループD

CHELSEA vs PORT
GetAttachment2.jpg

舞台は大粒の雨が落ちるロンドン、スタンフォード・ブリッジ
昨シーズン怪我から復帰して以来長袖を着続けているエッシェンが今宵もただ一人長袖で登場。
異彩を放つ。
出場停止のドログバ・ボジングワに変わりカルー・イヴァノビッチ
ベレッチ先発と思われたが、ヒディンクよろしくアンチェロッティも彼を買っているようだ。
初戦という事もあり互いに様子見、ゆったりとしたペースで始まる。
最初の枠内シュートはポルトFWフッキ(ハルク)だった、右サイド相手陣内深い所でアシュリー、エッシェンに囲まれながらボールをキープしてみせた直後、ペナルティエリア少し手前で前を向くと迷わず左足を振りぬいた。チェフ、座り込みながらひざでコーナーに逃れる。

7分チェルシーが決定的チャンスを迎える、右サイドを駆け上がったイヴァノビッチから、
ファーに流れたランパード゙にピンポイントクロス、これをうまく頭で叩きつけたジュニアだったが
ブラジル代表GKエウトンが素晴らしい反応をみせファインセーブ

いまいちペースを掴めないチェルシー、エッシェンが元東京ベルディーに強烈なタックルを見舞い
黄色 直後にマルダにも 流れがよくない

なんとかしようと前線で動きまわるバスケ顔が2度チャンスを迎えるが決めきれない。

チェルシー陣内で息巻く元東京ベルディーはキャプテンを背負いながらGKのボールを胸トラ→
華麗なヒールパス等、油さん来年の夏僕を取って下さいよと言わんばかりのキレのある動きを
みせるが周りの味方は寝ていた。前半終了間際お互いワンチャンスづつ迎えるが
ネットを揺らすには至らない。

後半開始早々カルーがDFともつれ込み倒れながらなんとかだしたスルーパスに反応した
バスケ顔 が右足を振りぬくもエウトンが右手一本ではじき出す、が、
冷静に反応し見事にボールを浮かせ 相手DFのスライディングをかわすシュートを
バスケ顔がねじ込む
1-0
降り止まない雨の中チェルシーがなんとか先制。この後は全くよくなかったカルーに変えて
ベレッチを投入し守備を固め辛くも逃げ切ったチェルシー。
カルーとドログバの差をあまりにも痛感してしまう試合だった。
まだ2試合のサスペンションを要する兄貴。象牙海岸弟分の奮起に期待である。

☆ベジクタシュ0-1ユナイテッド
アウェイトルコ、リオ抜きできっちりクリーンシート、きっちり詰めてたポコさん共にさすがです。
☆チューリヒ2ー5白い銀行
CR9FK2発ですか?さすがです。
☆ユーヴェ1-1ボルドー
グルキュフ凄いみたいですね。
☆マルセイユ1-2ACミラン
ピッポ、ステップバックで一度かわして前に入る神業、健在みたいです。
☆アトレティコ0-0アポエル(聞いたこともないキプロスのチーム)
ん!?
☆ワーゲン3-1CSKA
ブラジル人ハットトリックみたいです。
☆マッカビ0-3バイヤン
おかえり
2009-09-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

Profile

London43

Author:London43
どうもLondon43です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。