スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Arsenal v Bolton
9c12b58e445684ed71d7e837d6b11d03.jpg

延期分の第22節、水曜夜のエミレーツ。ロシツキ先発、ANCで奮闘中のソングの位置にはデニウソン。最近ポジションを入れ替えた(元に戻した?)アルシャビンとエドゥアルド。A・アルシャビン、前節からついに本来のポジションである左ウイングに戻ってきた。こっから注目である。そしてセスクとディアビと磐石の布陣。なぜならここで勝てばユナイテッドを交わし2位に浮上する事になる。是がひでも勝ちたい。左サイドバックにはクリシーも帰ってきた。ボルトンはアジア若手NO,1と噂のイ・チュヨンが先発。開始早々アルシャビンが素晴らしいスルーパスをディアビに通し見せ場を作る。しかし先制は放り込みに徹するボルトン、開始わずか6分クリシの自陣ゴール前へのひどすぎるクリアミスを頭で落とし最後はガリー・ケイヒルが左足で押し込んだ。アルムニアの気の抜けたポジショニングも問題。エミレーツで簡単に先制してみせたボルトン、1月に招聘されたコイルに課せられた使命はプレミア残留。コンパクトに陣形を保ち奪ったらすかさず前線へというサッカーに磨きがかかっている。最後の所で崩しきれないアーセナル。迎えた27分エリア内でデニウソンが完全にタイミングの遅すぎる不用意なタックルでひっかけてしまいペナルティーの判定。これをテイラーがアルムニアの手を弾きながらもきっちり沈め0-2。嫌な空気が流れ始める。しかし前半終了間際その嫌な流れを断ち切ったのは天才ロシツキ、WE LOVE ROSICKYI!!エドアルドの横パスを受けると右に流れわずかにコースを作ると思い切りよく右足を一閃。強烈なシュートがニアサイドをぶち抜いた。ヤースケライネン一歩も動けず、BACK IN THE GAME.1-2。もう何て言っていいか美しすぎるよロシツキ。そこから前半終了までの約5分間はアーセナルの波状攻撃、いい流れで前半を終えることに成功する。しかしリードはボルトン、ヤースケライネンが2本のビッグセーブ。それぞれエドアルド、セスクの決定機だった。クリシが復帰戦という事もあり見たからにキレがなく、デニウソンもやはりソングの位置に手こずっておりボールロストが多い。ディアビとデニウソンの位置を変えてもいいなじゃないのか?対してセスク、ロシツキは素晴らしい前半を過ごす。交代は無しで後半開始、52分、若干押されていたアーセナルだがギャラスのボール奪取(ファウル、しかも自分のパスミスを奪い返すため)からアルシャビンが2~3人に囲まれファンブル、これをかっさらったファブレガスが鬼のような落ち着きでエリア内狭い所をドリブルで縦に抜け角度の無い所からヤースケライネンの股を抜き2-2。そして65分、止まらないアーセナルはCKからこぼれ球をヴェルメーレンがFWの様な見事な身体の入れ替えから左足で叩き込み一気に逆転に成功する。3-2。2点ビハインドからのワンダフルファイトバック。クリシとデニウソンもそれなりに調子を取り戻しノリノリのガナーズ。最後はアルシャビンが強引な突破から右足で叩き込み4-2。ワンダフルフットボール、ワンダフルビクトリー。ロシツキー完全復調いよいよですね!!楽しすぎる最高のゲームでした。放り込みに弱いのは相変わらずだけど・・・。
スポンサーサイト
2010-01-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MAN CITY v MAN UNITED in Curing cup semi final 1stleg
Sir-Alex-Ferguson-Roberto-Mancini-Carling-Cup_2408965.jpg

マンチェスターダービー。今冬プレミアに乗り込んできたロベルト・マンチーニ。与えられた使命はCL圏内の4位以内に入る事。就任以来シティーカラーのマフラーを颯爽と首に巻き、ここまでまずまずの結果を残している。忘れてはいけないが今日はカーリングカップ準決勝のファーストレグ。マンチョとしてはホームだけにサーにがつんと挨拶しておきたいところ。絶好調テベスをトップに据え両サイドにはベラミー&SWP。私は勿論ルーニーのプレイが観たいが故の早朝観戦。試合開始からペースを掴んだのはユナイテッド、全体で押し込みシティを自陣に釘付けにする。シティはというとテベスが売られた古巣との対戦という事もありやるき満々で一人前線からプレッシャーをかけ続ける。そんなテベスに引っ張られるようにベラミーも同調し徐々に前線の動きが活発になる。しかし17分、押し込み続けていたユナイテッドが均衡を破る。右サイドのバレンシアがDFを一人かわしての鋭いグラウンダーのクロスにルーニーが合わせるがこれはかろうじてギブンがセーブ、しかし詰めていたギグスがなんなく押しみ先制に成功する。だがここから目が覚めたのかシティーがホームの大歓声を背に攻勢を強める。狙われたのは右サイドバックのラファエル、ベラミーが気持ちのこもったプレーの連続で何度も何度もつっかける。42分、手を焼きまくっていたラファエルが2度に渡りユニフォームを引っ張りPKの判定。リプレイではぎりぎり外の様に見えたがベラミーが完全にスピードに乗っていただけにいたしかたない。これをテベスが思いっきりど真ん中に叩き込み1-1。ユナイテッドサポーターを挑発するようなゴールパフォーマンスを披露。喜びを爆発させる。後半も勢いそのままにシティーの時間帯が続き迎えた65分、CKからのルーズボールをサバレタが頭で前線に、これをコンパニが身体ごと投げ出し折り返すと最後は真ん中にいたテベスが頭で押し込み勝ち越しに成功。2-1。この人止まりません。またも喜びを爆発させる。ここから焦ったユナイテッドが反撃。ルーニーにボールを預け一人で何度もシュートまで行くがギブンが攻セーブを連発。最後まで守りきりマンチーニも2度に渡る気合のガッツポーズをみせる。ユナイテッド、結局最後はルーニー頼み。限界がありますよ。限界が。
2010-01-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

BOLTON v ARSENAL

_47128267_008557799-1.jpg

気合を入れて準備万端だったが開始早々電話がかかってき、話終えたのは後半92分だった。まさかの長電話につきあわされてしまいロシツキー先発という大事すぎる試合を完全に見逃した。横目でチラチラみてはいたのだが話にならない。それにしても美しいプレミアシップ、そしてアーセナル。選手の成長と優勝争いをこんなにも同時に楽しめるチームはない。今日は一言「メリダおめでとう」。移籍はなくなったと考えていいんではないでしょうか。
2010-01-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CHELSEA v SUNDERLAND
_47124169_anelka466getty.jpg

お肉をご馳走になっていた手前帰るとは中々言い出せず結局家に着いた時には既に15分程経過していた。1-0。どうやら先制点を奪ったのはマイブランドの手袋を身に纏うアネルカのようだ。さてスタメンを確認しよう、と思った矢先マルーダがスピード感溢れるドリブルでゴール前に持ち込み待ち構えていたDFを右に流れうまくかわすと、まさかの右足でファーサイドに地を這う様な素晴らしいシュートを突き刺す。2-0。見始めてわずか2分ばかりの前半17分の出来事だった。右手でピースを作り内に倒し、左手はパーという謎のゴールパフォーマンスも飛び出した。急いでスタメンを確認、勿論アフリカ勢はいない。中盤底にベレッチ、前線はアネ、マル、ジョーが流動的に。そしてバラック、ランプス。しかしアネさん、ドログバがいない時にしっかり点を獲ってくれるので本当に頼もしい。試合の方は完全なチェルシーペース、各選手がキレキレでサンダーランドを圧倒。立て続けに何度も何度も美しい連携からフィニッシュまで持っていくチェルシー。ドログバがいない事で彼に頼った放り込みが無く、逆にそれが功を奏したか素晴らしいパスワークを披露する。完全に一つの完成形をみた気がする。アンチェロッティ恐るべし。前半は今季ベストゲームではないうだろうか。さらに5分後の22分、テリーがDFの裏のスペースにポンと出したハイボールを絶妙のタイミングで抜け出したA・コールが前を向いたまま左足で見事にコントロール、次のタッチで戻ったDFを一人交わしアウト気味に流し込み3-0。トラップ、タッチ、シュートと全部左足で一瞬のうちにやってのけた。33分にはそのA・コールのクロスにランパードが走りこみ最後は倒れこみながらのダイレクトボレーで4-0。ファンタスティック!!さすがタイムズを読んでる男は違います。ジョーいわく他の選手は読んだって何が書いてあるかわからないとの事。と、圧倒的な内容で4点を奪ったチェルシー、この試合アネルカとランパードがとにかく異次元。てゆーかうますぎ。対するサンダーランド、今季好調を維持する強力2TOPを楽しみにしていたのだがあまりに一方的な展開にほぼボールすら触れず。スティーブ・ブルースも名前どおりか真っ青。後半は頭からアシュリー&テリーOUTでジルコフ&アレックスIN。サンダーランドは元チェルシーの選手でもあるゼンデンIN!!開始早々右サイドのジョーのクロスにバラックが頭で合わせ5-0。もはや圧巻である。その後そのゼンデンがジョーンズの見事な落としを胸でコントロールし左足一閃、一矢報い5-1とし、なんとかはるばる足を運んでくれたファンに捧げる格好に。ノリノリのチェルシーサポーターからも拍手。お次はまたもアネルカがGKが弾いた今日2点目となるゴールを沈め6-1、そしてそのアネルカのクロスにランパードも頭で合わせ本日2点目。7-1。ロスタイムにこぼれ球をベントが押し込み7-2とするが時既に遅し、というか焼け石に水でチェルシーが完勝。アネルカは5~6点獲っててもおかしくないくらいの内容。チェルシーやはり3TOPの方がしっくりきてる感じがありますね。ユナイテッドもきっちり勝利、ベルバトフ本気出したよ感のあるゴールでしたね、待ってました。ルーニーは流石のフィニッシュ、しかし何よりもディウフ、プレミア初ゴールおめ!見事なバクテンでした~。熾烈な優勝争いは続きそうです。それではシティを見て寝ます。また明日のアーセナルで。
2010-01-17 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Juventus v AC Milan
0KW1T8CP--620x300.jpg

見たいのはもちろんベッカム。私がプレミアシップにはまったきっかけと言っても過言ではないし、W杯の為にも。しかも先発!!これは助かった。3トップの右?開始10分で2度ほどボールを失ったベッカム、やりにくそうだ。と、ともにユーベの10番ヂエゴがキレていることも把握した。2度のセットプレーのボールの質は高く、14分には左サイドでボールを受けると中にマイナス気味に切れ込み2人を交わしファーに巻いたシーン、惜しくも外れはしたが圧巻のプレーだった。白黒のユニフォームの中で一人異質。そのヂエゴと試合前儀式めいた事をしていたロナウジーニョはやや重そう。しかし見ていて面白いと思えるレベルには明らかに戻っている。何故80番なの?試合はホームのユベントスが優勢に進めていたが、右サイドのベッカムにボールを集めクロスを繰り返すという攻めで徐々にリズムをつかみはじめたミラン。迎えた27分ピルロのニアへのCKをフェリペ・メロ(金のバケツだっけ?ワースト選手賞?受賞してましたよね?早くプレミアに来なさい。)がお粗末な空振りクリアミスでボールはそのままファーに流れ、ネスタが難なく押し込みミラン先制。どうしたんですかね?メロは。シーズン前のあのコンフェデは。しかしミランはワイドに開いてますね、抱いていたイメージが違う・・・昨シーズンまでとはまるで別のチーム。レオナルドのスタイルかな?対してコンパクトにプレーしたいはずのユーベ陣はひっぱりだされて中途半端な距離感でのプレーに終始。守備もボールホルダーに対するプレッシャーは目を見張る物があるが応用が利かない感じのキエリッーニ頼りなディフェンス。そういえばバロンドールがピッチに2人いますね。ロスタイムにはベッカムのドンピシャCKに思わず拍手するロナウジーニョの姿も(外してしまったが)。前半はそのまま0-1で折り返す。当然ベンチに座るアレがみたくなってくる。後半開始早々CKからキエッリーニがチャンスを迎えるが膝に当ててしまう。立て続けにFKからヘッドと攻撃までもキエリッーニ頼りのユーベ。ん~~~前線にアイデアが皆無。59分ついにサリハミジッチに代わりアレIN。しかし局面を打開するには至らず、ミランも引いていることもありダラダラと時間だけが過ぎていく。そうこうしていると71分、またもやピルロのCKからニアに飛び込んだロナウジーニョがバックヘッド気味に見事に合わせ0-2。今いちチーム全体の気迫が感じられないユベントス、キエリッーニキャプテンがそもそも間違ってるのでは?とういう気さえしてきた。怒ったサポーターがスタジアム内で何かを燃やしだす始末、観客席ごと燃え上がっていた。80分辺りからは発炎筒の影響か徐々に煙が立ち込め85分にはほぼ何も見えない状態に。迎えた87分ショートコーナーからのベッカムのクロスをファーにいたロナウジーニョが落ち着いて流し込み0-3。開始10分はどうなるかと思ったがベッカムは良かった。90分を通して彼の右足は脅威だった。対するヂエゴは初めだけ、このままではセレソンでもジーニョさんファーストチョイスになりそうですね。久々のセリエA、よく分かりませんでした。ハイライトで見たローマのトニがユニフォーム似合いすぎで笑いました。ミリートとスナイデルのゴールも凄かったですね~。セリエナイトでした!
2010-01-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Arsenal v Everton
denilson_2405228.jpg

待ちに待ったこの一戦。6日に予定されていた未消化分の第2節ボルトン戦がイギリス全土を襲う大寒波により延期になり、かれこれ2週間近くPremiershipおあづけ状態でそろそろ我慢の限界を迎えつつあった。もはやサッカー無しでは生きられません(笑)この日も次々と他カードが中止と発表される中延期かと心配されたが芝の下に温水を引いているエミレーツ・スタジアムはどうやら大丈夫なようだ(そういう問題ではないと思うが)。なんとか交通機関も間に合ったという事だろう。よかった×2。しかし激しい雪は降り続いている。と、こんなにも楽しみにしていたにも関わらず大人の情事に夢中になっていた私。焦ってようやく見始めたのは前半20分辺りだった。なに!?Arsenal 0-1 Everton 。どうやらセットプレーからオズマンに頭で先制を許したらしい。ソングはANC、セスクは怪我と二ヶ月連続でアーセナル月間MVPトップ2に輝いた2人を欠くこの試合(ちなみにファブレガスは3ヶ月連続1位)。ラムジーとデニウソンに期待しようではないか。おや?エバートンの右サイドで元気に動き回っているこのNo.9は・・・ま、まさか・・・ランド~~~ン・ドノバ~~~~~~~ン!!ではありませんか。これまた素晴らしい選手を補強しましたね、モイーズ先生さすがです。どうやらCKから先制点をアシストしたのは彼のようだ。だが私の集中もおぼつかない28分、細かいパス回しからエドゥアルドのマイナスの落しをダイレクトで右足を振りぬいたのはデニウソン!!DFに当たりコースが変わると逆を突かれた形のハワードもなすすべ無くボールはゴールに吸い込まれた。1-1。このまま前半を折り返す。大雪でピッチコンディションはどう見ても悪く、緑の芝がどんどん白く染まっていく。その影響もあってかいつもの繊細なパス回しがあまりみられない。トラオレ、ラムジー等の若い衆が(他も若いが)若干精彩を欠いている様に見受けられた。対するエバートンは気迫に溢れ、サハ、ケイヒルのキープから生まれるカウンターの切れ味は鋭い。サハは左足一本の見事なテクニックで、ケイヒルはフィジカルとその突進力を活かしうまく起点になっている。底のデニウソンが彼らに手を焼きまくり対応できずにいるためディアビが度々下がって守備に奔走せざるを得ない状況だった。後半も攻めきれないアーセナルに対し鋭いカウンターで応酬するマージーサイド。何度かギリギリのオフサイドで免れていたがついに81分、ケイヒルがハーフウェイライン付近で見事なキープからスルーパス、完璧なタイミングで抜け出したピーナール、ドリブルで持ち込み最後はアルムニアとの1対1をあざ笑うかのような落ち着き払ったループシュートで制し勝ち越しに成功。その後デニウソンが急にピッチに倒れこみ交代を余儀なくされる。そしてディフェンスは完全に崩壊、中盤でプレッシャーをかける事ができずに次々と長めのスルーパスを通されひやひやの連続。アルムニアが試合を通して安定感皆無というお粗末な出来だっただけにおいおいおいおい・・・これはマジでやばい展開なんじゃないの?と誰もが思っただろう。ましてやエミレーツ。しかし、ラムジーにかわり途中からピッチに立っていたあの男がやってくれた。いやっほ~~~い!!復帰してからもチョコチョコチョコチョコ怪我で欠場している、もう何度目になるだろう?そう帰ってきた男No.7トーマス・ロシツキーが。後半ロスタイム、俺がやらなきゃ誰がやるといわんばかりに、攻めの意思を周りに見せ続けるディアビが、ここ最近板についてきた長いストライドかつ懐の深いドリブルでの中央突破から最後はDFをひきつけフリーのロシツキーに。ダイレクトで右足アウト気味に叩くと果敢に滑り込んだDFに当たりながらもボールは勢いそのままにネットを揺らした。2-2。YES!!しかしディアビ、この試合ディフェンスでの貢献も半端なかった。そのまま試合は終了。まぁこのコンディションの中良くやったといえばそうだろう。しかしやはりファブレガスがいないと前線が停滞気味になってしまう、要するにアイデア不足に。しかもソングの穴を埋めると期待されていたデニウソンまで謎の怪我、心配だ。この1月を乗り切れるかが勝負といっても過言ではないだろう、ディアビ&ロシツキ、よろしく!!!!!エバートンは良かったですね、アフロフェライニやここぞというときのフィリップ・ネヴィルの存在感、ここからの巻き返しが楽しみな感じです。12月度の月間MVPはテベスですか、6試合7ゴール?完全に取り戻してきてますね、危険極まりなし。ではバーミンガム対ユナイテッドを楽しみます。おやすみ!!
2010-01-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

Profile

London43

Author:London43
どうもLondon43です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。