スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

WEST HAM vs ARSENAL
arsenal.jpg

前半はARSENAL簡単に2点とったな~程度の印象だった。なにせこの直前にマージーサイドでやっていた試合が面白すぎて(ARSENALにとってはいい結果なんじゃないでしょうか)全くこの試合に入っていけない。得点は珍しいサニャのグッドクロスをRVPが左足で丁寧に押し込みむ。1-0!お次はRVPのCKを10番様が頭で叩き込む。2-0。西公も時おりノーブル、パーカーからいいパスがでるが決定的チャンスを迎えるには至らない。一人気を吐くC・コールといった感じ。ZolaにNO,10を与えられたスペインはヴィジャレアルからやってきたメキシコの雄ブランコは未だプレミアの水に慣れない様子。しかし、後半残り20分あたりから一気に白熱する。前線で孤軍奮闘していたC・コールがCKから執念でねじ込み2-1。この得点で一気に盛り上がるアプトン・パーク。流れは完全に西公。直後エリア内でギャラスがパーカーを倒すが西公必死の抗議も実らずノーファールの判定。だが2回目はそうはいかなかった、一度傾いた流れは止められず、ソングがC・コールを倒してしまう、むしろ先ほどの方が怪しいぐらいだったが今度はPKの判定。西公のシーズンにとってとても大きな瞬間と実況が形容したこのペナルティーをディアマンテに叩き込まれ同点。2-2。審判は自らのジャッジに少し動揺したのかその後帳尻合わせのように何も悪くないパーカーに2枚目のイエローを提示し退場においやる。最後はしっかり守り引き分けに持ち込まれたARSENAL。完全にアプトン・パークの雰囲気に飲まれたといわざるをえない。若さがでた。ロシツキの存在の余りの大きさを痛感する試合となってしまった。
スポンサーサイト
2009-10-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

London43

Author:London43
どうもLondon43です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。